美容皮膚科でいぼをとろう【手術で綺麗な肌へ】

サイトメニュー

女性

予防することが重要

いぼは、免疫力低下や不衛生な状態であったり、紫外線で肌が老化していたりすると発生しやすいと言われています。その為、意識して予防をして行きましょう。しかし、予防をしても発症することがあります。もし発症したら、美容皮膚科でいぼ手術を受けることを検討してみましょう。

顔に触れる女性

液体窒素による治療

いぼの治療や手術にはいくつかの方法がありますが、なかでも簡単に挑戦することが出来るのが、液体窒素による治療方法です。費用は保険適応内なので、1回の治療で1000円程度の治療費ですみます。

脚

保険適応外の治療

イボの手術や治療法の一つとして、ブレオマイシン注射があります。このブレオマイシン注射は、もともと抗がん剤として利用されているものです。ウイルス増殖を抑制する働きによっていぼを無くしていきます。

女性

炭酸ガスレーザーで治す

レーザー治療によって、ほくろやいぼを無くすことが可能です。いぼ切除の手術を受ける前にレーザー治療による治療を検討してみましょう。また、レーザー治療は、治療後の過ごし方が重要になります。

女性

美容皮膚科とは

いぼの手術や治療は、美容皮膚科や一般皮膚科、美容整形外科、形成外科などで行なっています。もし、どの科目に行ったらいいか分からないのであれば、美容皮膚科を選択しましょう。

いぼについて知る

カウンセリング

いぼとは

よく耳にするいぼですが、いぼとは何なのでしょうか。いぼは、皮膚に出来た小さな傷からウイルスが侵入し、感染して発症するものです。中には、人から人へと感染するいぼもあります。悪化しないし、痛みも感じないからと言って放置しておくと、家族や身近なひとへ感染させてしまうこともあるのです。なので、もし、いぼが出来たら、早めに美容皮膚科で治療をしてもらいましょう。市販薬でも、いぼに塗る薬は販売されていますが、市販薬を使用して、様子を見ている間にいぼが増えてしまうこともあります。そうなってしまう前に専門医の治療をうけましょう。

いぼの種類

一言でいぼと言ってもいくつかの種類があります。老人性いぼ、アクロコルドン、みずいぼ、足底疣贅、青年性扁平疣贅など、沢山のいぼがあります。それ以外にも150種類近くのいぼががあります。しかし今回は、ポピュラーな5種類のいぼについて紹介していきます。まず、老人性いぼやアクロコルドンは、は、年齢を重ねた人にできやすいいぼです。しかい、若年層の人でも発症します。発症する主な原因としては、紫外線や摩擦です。紫外線を浴び、メラニンが活性化するとできやすくなります。みずいぼは、ウイルス感染で出来てしまいます。小さなお子様がなりやすいのが特徴です。毎日入浴して清潔にしていれば、自然に消滅していきます。しかし、感染力が強いので、治療を受けて直すべきです。足底疣贅は名前の通り、足の裏にできるいぼです。見た目は魚の目やタコに似ています。悪化すると痛みがでて、歩くことが困難になるというケースもあります。青年性扁平疣贅は見た目がニキビと似ています。治ったと思ったら、再発をするということもあるので、放置せずに治療をしましょう。いぼの手術は、いぼの種類や進行状況に応じて異なって来るので、いぼを見つけたら医師に相談しましょう。医師が適した手術を判断してくれるでしょう。いぼの手術は美容皮膚科のほかにも、通常の皮膚科や形成外科でも行なっていますが、キレイに取り除きたいのであれば、美容に特化した美容皮膚科が最適です。

Copyright© 2019 美容皮膚科でいぼをとろう【手術で綺麗な肌へ】 All Rights Reserved.