美容皮膚科でいぼをとろう【手術で綺麗な肌へ】

サイトメニュー

炭酸ガスレーザーで治す

女性

炭酸ガスレーザー治療後の過ごし方

いぼの手術や治療方法の中でも、注目されているのがレーザー治療です。レーザー治療と一言で言っても、ルビーレーザーによる治療と炭酸ガスレーザーによる治療があります。まず、ルビーレーザーはメラニンに反応するレーザーです。一般的ないぼよりは、ほくろ状のいぼに高い効果を示します。色素の深さによって、治療回数が異なります。患部の状態によっては複数回の通院が必要になります。また、炭酸ガスレーザーは、皮膚の奥深いところにあるウイルスの細胞を除去するものです。また、炭酸ガスレーザーはいぼの状態によっては、メスをし使用することがあるので、事前に把握しておくと良いでしょう。基本的に小さないぼにはメスを使用することがないので、麻酔はしません。しかし、大きないぼの場合だと、メスを用いることがあるので麻酔を行ないます。

レーザー治療

赤みは数日継続しますが、数日で収まります。また、医師が軟膏を処方してくれるので様子を見ながら1週間塗ります。また、他の治療と同様に当日のシャワーや洗顔もオッケーです。しかし、極力患部には触らないように心掛けましょう。

上記のレーザー治療は、いぼだけでなくほくろにも効果があります。ほくろをコンプレックスに感じているひとは少なくないので、もし気になっているのであれば、レーザー治療でほくろがない綺麗な素肌を手に入れましょう。しかし、レーザー治療後は、自然治癒力によって修復していくので、自然治癒力を高めるような規則正しい生活を送るように意識しましょう。

Copyright© 2019 美容皮膚科でいぼをとろう【手術で綺麗な肌へ】 All Rights Reserved.