美容皮膚科でいぼをとろう【手術で綺麗な肌へ】

サイトメニュー

保険適応外の治療

脚

注射治療で治す

いぼの治療法や手術には様々な方法があります。液体窒素治療は一般的な治療方法ですが、患部の状態によっては、治療期間が長く必要になることがあります。皮膚科で液体窒素治療を続けているけど、なかなかいぼがなくならないと言う場合には、ブレオマイシン注射に挑戦してみてはいかがでしょうか。ブレオマイシンとは、ウイルスを殺す効果がある成分で、抗がん剤としても使用されています。一度の注射でいぼが完治することもあるので、おススメです。しかし、ブレオマイシン注射は保険適応外の治療になります。なので、価格は美容皮膚科によって異なりますが、1ショット5,000円が相場になっています。液体窒素同様に痛みがありますが、注射の際には局部麻酔をしてくれるので痛みを感じることはほとんどありません。しかし、治療後、麻酔が切れてから痛みを感じることが多いので、医師に相談して鎮痛剤を処方してもらうようにしましょう。

注射後の過ごし方

注射後は、液体窒素治療と同じように痛みが数日続くことがあります。また、一時的に皮膚が黒ずんでしまうことがありますが、かさぶたとなって剥がれ落ちるので安心してください。出血などはなく、入浴や運動を制限されることもないので、普段通りに過ごすことが出来ます。

原因にアプローチする

ブレオマイシン注射は、抗がん剤注射の一種と聞いて、少し躊躇してしまう人もいるでしょう。では、なぜ、この抗がん剤がいぼ治療に用いられているのかというと、抗がん剤はもともと、ウイルスの増殖を抑える働きをする薬剤です。この抗がん剤をいぼに注入することで、いぼの原因となっているウイルスの増殖を抑え、完治を目指すことが出来るのです。なので、抗がん剤と聞いても不安に感じることはありません。

Copyright© 2019 美容皮膚科でいぼをとろう【手術で綺麗な肌へ】 All Rights Reserved.