美容皮膚科でいぼをとろう【手術で綺麗な肌へ】

サイトメニュー

液体窒素による治療

顔に触れる女性

凍結させて治す

いぼの種類はいくつかありますが、昔から行なわれているポピュラーな治療法が、液体窒素による治療法です。液体窒素はマイナス196度ほどあり、その液体窒素をいぼに押し当てて凍結させます。1週間から2週間に一度通院をして、数か月かけて完治を目指していきます。保険適応の治療なので、一般皮膚科でも行なわれています。保険適応の為、費用も安く多くの人がこの治療を選択しています。しかし、知っておきたいことがあります。それば、いぼの状態によっては、完治までに数年かかることも珍しくありません。また、いぼが体中に発生している場合は、全てのいぼを凍結させるのが難しいこともあります。その為、医師によってはヨクイニンを処方します。ヨクイニンは漢方薬で、体内からいぼへアプローチをしていきます。

液体窒素による治療は、低温火傷の作用を活用していぼを無くしていく治療法です。その為、人によっては痛みを感じてしまいます。しかし、この痛みは数日で収まるので安心して治療を受けましょう。また、低温火傷を負ったいぼは、かさぶたになったり、血豆や水ぶくれのようになったりします。患部は極力触らないようにしましよう。無理にかさぶたを剥がしてしまったり血豆や水ぶくれをつぶしたりすると、傷跡として残ってしまうこともあります。なので、自然に剥がれたり、つぶれたりするまでは放置しておきましょう。そして、自然につぶれたりしたら、ガーゼなどで保護をして様子を見てみましょう。もし、化膿がしてひどくなってしまうのであれば、医師に相談するべきです。また、まれにいぼが完治しても、色素沈着を起こしてしまうことがあります。体の目立たない部位であれば問題ありませんが、顔などの目立つ部位であれば、液体窒素以外の治療法を検討してみても良いでしょう。

液体窒素による治療は、保険適応で1000円程度となっています。どの治療よりも気軽に挑戦できる価格でしょう。しかし、定期的に考える手間などを考慮すると美容皮膚科などでのいぼ治療や手術がいいという人もいるでしょう。きちんと治療内容や費用などを比較して選ぶべきです。

Copyright© 2019 美容皮膚科でいぼをとろう【手術で綺麗な肌へ】 All Rights Reserved.